オークションや出品でDVDを売るメリット

DVDを売る際には店舗の方で買取依頼をするのが一般的ではありますが、古くて買取ってもらうのが難しいDVDであったり、取り扱いが少ないジャンルの作品などは買取不可となるケースも多いです。そういったDVDはオークションや通販サイトで出品して売っている人も多いです。

思わぬ高値で売れる可能性もある

古いDVDやマニアックな作品などは、ショップでの買取は不可だったとしても、ネットオークションなどに出せば思わぬ高値で売れる可能性があります。市場にほとんど出回ってないわけですから、それを求める人がかなりの高値で落札するケースも決して少なくありません。特に初回限定盤や販売数が限られているような作品は、入手するのが非常に困難なこともあり、定価の何倍もの価格で売れることも多いです。

傷や汚れや目立つDVDでも売れる

DVDに目立つ傷や汚れが付いていると、買取ってもらえない可能性もあります。しかし、通販サイトに出品すれば売れるチャンスは十分にありますし、手に入りにくい作品であればそれなりの値で売れることもあります。とにかくDVDが見られればそれでいいと考える人も多いので、どんな状態でも需要はあるものです。

店舗での買取よりお得になることも

店舗でのDVD買取は、発売日からの経過日数で相場が決まることになるので、例えば発売から1か月過ぎれば買取価格が一気に下がることも多いです。その場合、オークションや通販サイトに出品をした方が、お得に売れる可能性もあります。

選択肢の1つとして頭に入れておこう

もちろん、オークションや通販サイトでの出品は手間がかかりますから、たとえ普段から利用することはなくても、とりあえず選択肢の1つとして頭に入れておけばいいでしょう。

関連する記事