DVDを高く売るために覚えておきたいこと

せっかくDVD買取をしてもらうのであれば、少しでも高く売れるに越したことはありません。特に大量数を売るのであれば査定額アップにも関わってきますから、万全の状態で買取に出したいところです。

汚れはできる限り落としておく

DVD自体はもちろんですが、ケースや付属品などに汚れがある場合には、できる限り落としておくようにしましょう。ちょっとした汚れがあるだけで、査定に響いてしまう可能性もありますから、しっかりと綺麗にしておきたいところです。ただ、あまり無理に汚れを落とそうとすると、逆に傷をつけてしまう恐れもありますから、あくまでも可能な範囲で構いません。

付属品は全て揃える

DVDには様々な付属品が付いていることも多いです。説明書や特典であったり、メインとは別にメイキング映像などを収録したDVDも入っていたりします。それらが1つでも欠けてしまうと、査定額が大幅に下がってしまったり、場合によっては買取不可になってしまう可能性もありますから、全て揃えておくようにしましょう。

ショップ選びが何より重要

DVDを高く売るために最も重要のなのは、やはりショップ選びです。いろんな店舗の買取相場を比較して、複数のショップで簡易査定をしてもらうようにしましょう。また、特定のジャンルを強化しているお店もあったりするので、買取ってもらうDVDでどのジャンルが多いかも把握しておきたいところです。

まずはDVD買取の情報収集から始める

いずれにしても、DVD買取を検討しているならまずは情報収集から始めるといいでしょう。それなら通勤時間などを利用して調べることもできますし、大まかな買取相場を把握しておくだけでも役立つはずです。

関連する記事